家造りのこだわりに共感できるか

こだわりの家を建てる時のポイント

ハウスメーカーや工務店等に依頼することで、注文住宅を建ててもらうことができます。どんな注文住宅を建てることができるか、これは施主の立場になって真剣に相談にのってくれる建築士や工務店ではないと成り立ちません。いかに施主の想いに共感してもらうことができるかです。
あまりにもこだわりが強くて、結構厄介な仕事を依頼されたとしても、そのこだわりに共感してくれる建築士や工務店の人なら、その想いを何とか形にしてあげようと努力してくれます。面倒な仕事でも施主の立場にたって対応してくれるのが理想的な良い業者です。
理想の良い業者は地域密着で良いサービスを提供しているような業者です。そこにこだわりを伝えて最高の家を手に入れましょう。

契約する前に相談すること

家を購入するにあたり、こだわりが強い人ほど注文住宅で家を建てない限り、なかなか希望通りの家を手に入れることはできません。こだわる部分が多ければ、注文住宅という形で協力してくれる建築士や工務店にまず相談です。どれだけこだわりが強いかにもよりますが、その段階で相談に乗ってもらった時、共感してくれるか、それとも共感してくれずに否定されたり、改善案を提案されたりするか、ここで判断しましょう。 お客さんの立場にたっている建築士や工務店なら、何とかしてあげようという気持ちで真剣に考えてくれます。こういった人に出会わないと、本当に納得できる注文住宅は手に入りません。 ですから、業者と契約を交わす前に相手を見抜くことが大切です。

© Copyright House Making Success. All Rights Reserved.