基本的な見積書をもらう

まずは綿密な打ち合わせから始める

家造りはまず、見積もりを依頼するところから始まります。見積もりを取らないことには、一体いくらぐらいの費用がかかるのかも分からないのが普通だからです。同じような家を作るにしても、工務店によって総費用にも差が生まれます。そのため、とにかくまずは見積もりを出してもらわないことには話が前に進まないのです。注文住宅で一から家を作る場合には、見積もりを一つ出すのにも膨大な時間がかかります。家のデザインや間取りが決まらなければ、工務店側も費用の計算をすることができないからです。ですから単に見積もりを出してもらうと言っても、業者任せにしていればいいだけではありません。綿密な打ち合わせをしなければいけませんし、そのための事前準備も必要になります。

見積書は正式に書面で受け取ること

見積もりを出してもらうときには、正式に書面で出してもらうようにしましょう。そうしなければ、他の人に見積もりの件で相談をすることが難しくなるからです。書面の形になっていれば、間違いがないかも確認しやすくなっていいでしょう。他の工務店にも見積書を出してもらえば、比較検討もしやすいです。家はとても高い買い物なので、絶対に間違いがあってはいけません。見積書の重要性は極めて高いと認識しておきましょう。見積もりに少しでも不満な点があれば、別の工務店を利用することも視野に入れましょう。見積もりを出してもらうまでには長い時間がかかりますが、だからと言って簡単に妥協をしてはいけません。十分納得できる状態で契約をしなければ、後々大きな後悔をすることとなります。

© Copyright House Making Success. All Rights Reserved.